消費者金融アローの返済方法は2通りあります

アローの場合は、大手の消費者金融とは違い、提携しているATMというものがありません。ですからお金を借りる際は口座振り込みになります。そして返済時もATMは利用できません。ですから返済方法は下記の2つになります。

1.銀行振込による返済
2.口座引落による返済

大手と違ってATMが利用できないというのは不便ですが、銀行振り込みと口座引き落としが利用できますので、不都合は感じないと思います。自分の都合の良い方を選ぶと良いでしょう。

アローの場合金利が大手の消費者金融よりも高めです。ですから、できるだけ早く返済するのが利息を少なくする最善の方法です。ホームページを見る限り繰り上げ返済については何も触れられていないので、月々の返済額を高めに設定するのが良いと思います。

消費者金融アローは正式な貸金業者だから安心!

アローは中小の消費者金融です。銀行系の消費者禁輸ではありませんし、金利も若干高めなので、不安を感じられる方もいるかもしれませんが、貸金業法という法律に基づいた健全な営業をしている優良な金融業者ですので、心配する必要はなく、安心して利用することができます。インターネットの口コミでも、良い評判はたくさんありますが悪い評判はあまりありません。

口コミを調べているうちに、アローを利用されている人の特徴というのがありましたので紹介しておきましょう。

最も多かったのが、自己破産や債務整理の経験者が審査に通ったというものです。大手の消費者金融の審査に申し込んだがブラックリストに載っているため審査に通らなかったが、アローでは審査に通ったというものです。金利が高めですので、必ずしも利用をお薦めするものではありませんが、それでも法定金利内ですので、背に腹は代えられないような状況の方には便利な金融業者かもしれません。

いずれにしてもヤミ金でないことは確かです。安心して利用いただけます。

アローで返済するときの方法を解説!

アローの場合、提携ATMがありませんので、返済方法は銀行振り込みか口座引き落としの2通りしかありません。しかしこの返済方法で利用できるのであれば、特段困ることは無いでしょう。銀行振込の場合ならネットバンキングで対応できますし、口座引き落としならば残高さえあれば何も対応しなくても自動的に返済ができます。

ATMがなくて困るのは街で急に現金が必要になったときくらいだと思いますが、そんな時でもネットで申し込めばすぐに融資が受けられ、口座に振り込まれますので、多少手間がかかるくらいでしょう。

それではアローの返済方法の特徴について説明していきます。

1.銀行振込による返済

まず最初に銀行振り込みですが、方法は大手の消費者金融と全く変わりません。返済専用口座に、返済日までに振り込みを行えばいいのです。

銀行窓口や銀行のATMで手続きした場合は手元に振り込み明細書が残ります。万が一手違いがあり督促を受けたとしても返済をした証拠が残りますので安心です。

ネットバンキングを利用して振込んだ場合は、すぐに通帳記入するようにしましょう。そうすれば返済実績が公の証拠として残りますので、安心できます。

アローは優良な消費者金融ですので、対象にならないかもしれませんが、もし過払いが発生して、過払い金請求をするようなことになった場合にも、証拠として明細表や通帳が残っていますので、安心できます。

2.口座引落による返済

口座引き落としについても、大手の消費者金融と全く方法は変わりません。一度引き落とし口座の登録をしてしまえば、月々自動的に返済していきますので、非常に安心です。自分でやることといったら口座の残高確認くらいです。

そして、返済の実績は銀行の取引に履歴が残りますので、こまめに記帳をしていれば、返済している証拠は残ります。万が一手違いで督促を受けたりしたら、返済済みの証拠になりますので、きちんと履歴情報は手元に残しておいてください。

また前述しましたが、もし過払い金の請求をするようなことになった場合は、返済履歴が通帳にしっかり残りますので、公の証拠として利用できます。万が一の時に自分が不利にならないためにも証拠は残しておいてください。

アローの返済日と返済期日の注意点とは?

大手の消費者金融の場合、返済期日は選べる場合が多いのですが、アローの場合は月末に固定されています。そしてもう一つの特徴は返済日が休日の場合翌営業日への繰り越しではなく前倒しの返済となる点です。この点については注意しないといけません。

もう一つアローの特徴があります。それは返済方法が2通りあるということです。一つは消費者金融で一般的に行われている残高スライドリボルビング方式で、契約日より5年60回が最長になります。そしてもう一つは元利均等返済で最長15年(180回)以内となります。自分の都合に合わせて相談をすれば返済回数を設定してもらえます。

どちらの返済方法が利息が少なくて済むのかは返済シミュレーションをすればすぐにわかります。自分の月々の返済能力と利息を天秤にかけて最適な返済回数を選ぶのが良いでしょう。

アローな場合は大手の消費者金融とは若干異なる点がありますので注意してください。ただ、アローのホームページを見ても詳細が載っていませんので、実際に利用している人の口コミや評判から判断するしかありません。審査申し込み前の事前調査が大変かもしれませんが、必ず事前調査してから利用するようにしてください。

万が一返済が厳しいときも正直にアローに相談すること!

アローでの借り入れについて、口コミや評判を調べたところ、あまり高額な借り入れをしていない人が多いようです。さすがに金利が高いので、なかなか高額な借り入れをする人が少ないのでしょう。大手の消費者金融で断られた時の奥の手ですから、あまり高額な借り入れはしない方が良いと思います。決してアローが悪徳だという訳ではありません。法律に基づいた健全な営業をしていることは明らかです。ただ一点、注意しておくべきは金利の高さだけなのです。

ですから一時的に利用するのにはとても便利ですが、慢性的な借金にまみれているような人にはお薦めできません。かなり慎重に返済計画を立ててから審査に申し込むことをお薦めします。

アローの場合調べた限りでは約定返済額がはっきりしません。返済回数と借入金額に応じて自動的に月々の返済額が決まる仕組みのようです。そうなると大手の消費者金融に比べて月々の返済の負担が大きくなってしまう可能性があります。そうなると、返済に困る人も出てきてしまうのではないでしょうか?

そんな時には支払期日が来る前にアローに相談してください。支払期日を過ぎてからだと遅延損害金を請求される場合があるからです。いつまでにいくらなら返せるのか、どのくらいの期間返済が苦しいのかなど正直に話して返済に融通を利かせてもらうほかありません。

できればそんな事態に陥ることが無いように、返済計画をきちんと立てて、無理のない借り入れと返済を心がけることを推奨します。

アローのホームページは大手の消費者金融ほど詳細な情報が載っていませんので、事前に問合せをすることをお薦めします。